ED治療薬を知ろう

ED治療薬の誕生

実は元々ED治療薬として開発されていない?

まず皆さんがED治療薬と聞いて一番最初に思い浮かべるのは、バイアグラではないでしょうか。
今でこそレビトラや、ここでも紹介しているシアリスが有名となってきましたが、ひと昔前はED治療薬=バイアグラが常識で、その知名度は抜群です。

ですがこのバイアグラ、実は元からED治療薬として開発された訳ではなかった事を知っていたでしょうか?
本来、バイアグラは心臓の疾患の治療薬として開発されていたのです。

治験という言葉はご存知でしょうか?薬の副作用や効果を調べる為の臨床実験ですね。バイアグラの治験を行なっている際、あまり心臓には効果を発揮しない事が分かったのです。
そこで、薬の回収を行おうとしたのですが、治験の過程で男性器の勃起を促進させる効果が分かり、薬を返してくれる人が居なかったそうなのです。

この時、初めてバイアグラが勃起能力に影響がある事が分かり、勃起不全を適応しようとして誕生したのです。

1998年にアメリカで販売が開始されると、その後日本でも個人輸入代行サービスを介して輸入が始まりました。
ですが初めは正しい使い方などが広まっていないまま使用されていた為、服用法によって死亡例などが発生する事態となり、バイアグラの服用が問題視されていました。

そこで1999年に安全面確保の為、処方箋医薬品としての承認が行われたのです。日本国内ではこれにより、正規のバイアグラを処方してもらえるようになったのです。
こうして時を経た現在まで、安全かつ正規のED治療薬としてその名を轟かせてきたのです。

ED治療薬の捉え方

治療薬と聞くと、その疾患を治してくれる薬だと思っていませんか?
もちろん、治療を促す又は役立てる為に服用する薬ではありますが、それを飲んだからと言って治るというものではありません。

ED治療薬も同じように、勃起不全に陥ったからといってシアリスなどのED治療薬を飲んでも、勃起不全自体が治る訳ではないのです。

また、ED治療薬を服用すると勝手に精力が増強するものと勘違いされている方も多くいます。これは、そもそもの考え方が間違っているのです。

根本的にはED治療薬というのは、血流を改善してくれる薬です。血流の改善は勃起能力と深く関わりがあるので、結果的に勃起不全の改善にも繋がります。

ですが、ED治療薬を服用した後に性的刺激を与えて初めて作用するものですので、勃起不全を治すという考え方よりも、勃起能力のサポート・補助をする薬だと捉えてください。

ED疾患を抱えている方の原因は本当に様々です。もしそれが心因性による原因だとしたら、ED治療薬に頼るだけでは改善は難しいかもしれません。
カウンセリングを取り入れたり、精神面の負担を取っ払う事も同時に行わなければいけません。

どのようにして勃起不全になってしまったのか、その原因としっかりと向き合い、その上でうまくED治療薬を取り入れ、改善に役立てて欲しいと思います。

精力剤や媚薬の存在

もっと手っ取り早く、そしてもっと手軽に!と考える方の中には、精力剤や媚薬などの存在もあるのではないでしょうか。
実際に精力剤の中には、勃起不全にも効果を現すと謳った商品も数々あります。

精力剤とは、性機能増強の為の薬剤及び一般食品と定められています。
そして媚薬とは、性欲を催させる薬のことを言います。

ドラッグストアやコンビニにも売られているので、最も手軽に購入出来ますよね。
しかし、これらは一時的に活力を漲らせるアイテムに尽きます。

いわば、ED治療薬はお薬で、精力剤や媚薬はサプリメントといった感覚ですね。
精力剤の中にも、タウリンなど医薬部外品として販売されているものもありますし、薬剤師さんが居なければ購入出来ないものもあります。

どれもマカや亜鉛、ニンニクにマムシエキスなど、聞くだけで力が滾るような成分が配合されているので、勃起能力の向上に役立てられると言えるでしょう。
ですがあくまでも男性器を元気付ける事にフォーカスした商品ですので、直接的にEDの改善に繋がるものではありません。

本気でED改善を目指すのなら、精力剤よりもED治療薬をオススメします。

投稿日:3月 4, 2019 更新日:

執筆者: